新しいやつを作ろうと思いました

さてさて。
パネルももう終わった(?)ので、
ついに重い腰を上げて新しいアプリ開発に取り掛かろうと思います。

そんなわけで、
パネル作ってる時に一応ほんの少し、気持ち程度に意識していた、
「別のアプリ作る時、パネルで作った汎用的な機能(ポップアップとかシーン遷移とか)を
簡単に使いまわせるようにするぞ!」
ってな感じのことをまずやろうかなと!
プログラマの一番楽しいところ!

で、まぁ整理しました。
プロジェクト内のフォルダ構成は一旦こんな感じに!

ちょっと簡単に、
自分のためにも整理しようw

・Common
 そのアプリ開発で使う、共通のものをぶっこんだファイル。
 シーン遷移時のトランジションとか、ポップアップのテクスチャとか
 そういうなんかゲーム内のシーンにとらわれないものを突っ込む

・External
 外部から(Githubとか)落とした、便利なモジュールを
 ここに突っ込む。
 例えばMiniJsonとか。
 今はUnity公式のJsonUtilがあるから使ってないけど!
 基本的にここにあるファイルの内容はいじっちゃダメ。

・GoogleMobileAds
 Admob用のなんかなんですが、
 これExternalに移動できねーかな…
 なんかプロジェクトのAsset直下にないと
 ビルドがうまくいかないんですよ…

・Library
 自作のいろんなものを突っ込んだよ。
 例えばPopupのクラスとか、デバッグ機能まとめ、
 ゲーム管理クラス、セーブ管理汎用クラス、タッチ管理クラス…
 正確にはLibraryというよりwrapperとかのほうがいいかもしれない…?
 まぁいいや。

・Plugins
 まぁこれはいいでしょ

・Resources
 これもいいでしょ

・Scene
 ここに実際にアプリでのシーンと、
 そのシーンに使うスクリプトとかモデルとか突っ込む。
 

とかまぁこんな感じの構成です。。。
Unity開発ってどうしたらいいのかよくわかってないので
結構甘そうな部分もありますが、そこそこ満足してます。

これもまだいろいろ考える余地が多分にありますが、
あんまり詰め過ぎても次の作業に取りかかれないのでね!
いーんだよ趣味なんだよ趣味!
趣味はアプリ開発です!とかかっけーじゃんか!
もちろん都度臨機応変に良くしていくんだよ!

はい。

で、それを一旦「Template」とかそんな名前でエクスポートして、
それを元にプロジェクトを作ってみる!

で、さくさくっと次のアプリの超根っこの部分を
くっそ雑に作ってみた!
動画貼れるのか?やってみよう。

これだよ

まぁ次はなんか箱を転がす
ステージクリア型のパズルゲームにしようかなと思います。

箱の転がし方なんですが、最初Unity様の最強の特徴である(と思ってる)
すぐに使える物理エンジンを使って転がそうと思ってたんですが、
いろいろ面倒くさい部分もあったので、転がしてる間は普通に計算して、
止まったら物理、みたいなハイブリッドにしてみました。

これがUnityのお作法的に正しいのかどうかは知りませんが、
とりあえず問題が起きなければこれでいこう。
箱の回転角に対する箱の位置は簡単な数学で求まりますしね!!

で、そうそう。
最初ハクスラ作ろうかと思ってたんですが、
3Dが急にやりたくなったのでw

一応構想はもう練ってあって、
あとは形にするだけです。
ステージ作成みたいなこともできたらいいな、
どうせ誰もやんねーだろうけどw

それが終わったらハクスラ作ろう。

頑張るぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です